わたしの発達障害の履歴書のカテゴリ記事一覧

自閉症スペクトラムやアスペルガー症候群など発達障害のある大人が、自分らしく楽に生きるための、適職・就職・転職・仕事・ライフワークについて。

  • ホーム
  • »
  • わたしの発達障害の履歴書

カテゴリ:わたしの発達障害の履歴書

わたしの発達障害の履歴書のカテゴリ記事一覧。自閉症スペクトラムやアスペルガー症候群など発達障害のある大人が、自分らしく楽に生きるための、適職・就職・転職・仕事・ライフワークについて。
わたしの発達障害の履歴書 19.発達障害と診断されて、ほっとしたか。

2015-12-4わたしの発達障害の履歴書3.発達障害の診断
「今までずっと、仕事も人間関係も上手くいかなくって、 自分が怠けているんじゃないかと思っていました。 でも、そんなとき、発達障害って言葉を初めて見つけたんです。 あ!私のことかも!って思いました。 それで、病院に行って診断を受けて、ほっとしました。 自分がおか

記事を読む

わたしの発達障害の履歴書 18.発達障害と診断された日

2015-12-3わたしの発達障害の履歴書3.発達障害の診断
ウェクスラー成人知能検査(WAIS-Ⅲ)では、全く予想していなかったくらい、自分の得意なことと、不得意なことの差を、はっきりと感じました。 あまりの差の大きさに、動揺してしまったくらいです。 「検査結果は2週間後以降に、病院に聞きにきてくださいね」 と言われま

記事を読む

わたしの発達障害の履歴書 17.告別式の翌日に、ウェスクラー成人知能検査へ

2015-12-2わたしの発達障害の履歴書3.発達障害の診断
おばあちゃんの告別式の翌日。 私は予定通り、知能検査を受けるために、病院に行きました。 瞼が腫れていないか心配でしたが、鏡で見る限りは目立っていません。 それでも身体のどこかに、お焼香の匂いが染みついているような気がしました。 私は小さな個室で、臨床心理士

記事を読む

わたしの発達障害の履歴書 16.おばあちゃんの死

2015-12-1わたしの発達障害の履歴書3.発達障害の診断
私の父方の祖母は、離島でのんびり一人暮らしをしていました。 ところが、老いて足腰も弱り、心もとなかったため、数年前からは息子である父の家(つまりは、私の実家)で、暮らすようになりました。 私の母が介護をしていましたが、祖母が入退院を繰り返すうちに、自宅

記事を読む

わたしの発達障害の履歴書 15.離人感、そして、目まぐるしくめぐる日々

2015-11-30わたしの発達障害の履歴書3.発達障害の診断
学校の勉強もできて、会社に長く勤めていたとしても。 本当に何も問題がないって、言い切れるんでしょうか? 発達障害が見えない障害と言われているように、グレーゾーンの人の問題も、陰で絡まった糸のように、そう簡単には解らないものではないのでしょうか? 初回の問

記事を読む

わたしの発達障害の履歴書 14.初診の問診

2015-11-27わたしの発達障害の履歴書3.発達障害の診断
お医者さんの第一印象は、 「あ、若い」 の一言でした。 私より年上かと思いますが、50代以上には見えません。 わりと丈夫そうな体格の、男性の医師。白衣を着ているものの、どこかビジネスマンを思わせる雰囲気です。 「どうしましたか?」 きびきびした調子で医師が

記事を読む

わたしの発達障害の履歴書 13.自殺は(  )…

2015-11-25わたしの発達障害の履歴書3.発達障害の診断
私は小学校の低学年まで、めまぐるしく多動な子どもでした。 幼稚園の先生から、母は、 「お子さんは自閉症なんじゃないでしょうか」 と言われていたそうですが、母は否定したそうです。 当時は自閉症という言葉もあまり知られていなかっただろうし、母も私を守りたい気持

記事を読む

わたしの発達障害の履歴書 12.紹介状がない!

2015-11-24わたしの発達障害の履歴書3.発達障害の診断
(……あ!) はじめて来た病院の窓口の前で、私は思わず声を上げそうになりました。 鞄の中をどんなに探しても、紹介状が見当たらないのです。 その紹介状は、今までお世話になった心療内科が閉院する日に、先生からいただいた大事なもの。そして、その紹介状を、今来てい

記事を読む

わたしの発達障害の履歴書 11.病院最後の日、ぎりぎり間に合って紹介状を手に入れる。

2015-8-20わたしの発達障害の履歴書2.発達障害グレーゾーン
「自分が発達障害かどうか知りたい」 必死にそう思うようになった私は、診断ができる病院を、発達障害者支援センターでいくつか教えてもらいました。 あとは紹介状を手に入れて、発達障害専門の病院に、予約するだけでした。 私は大分以前、うつ病で通院していたので、そこ

記事を読む

わたしの発達障害の履歴書 10.再び発達障害者支援センターへ

2015-8-18わたしの発達障害の履歴書2.発達障害グレーゾーン
2013年。 私は再び、発達障害者支援センターに電話しました。 診断のできる病院の連絡先を、改めて教えてもらおうと考えたからです。 そしたら、 「病院に行く前に、一度こちらでお話を聞きましょうか?」 と、センターの方が面接することを提案して下さいました。 発

記事を読む

ツイッターはじめました
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

お気に入りに登録してください♪


キーボードの「Ctrl」と「D」を同時に押してから「完了(追加)」ボタンをクリックすると、「お気に入り(ブックマーク)」に追加できます。
ランキングに参加しています
「記事面白かった」「応援しています」という方、バナーをクリックしてお知らせください。
とても励みになります。
↓↓↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自閉症スペクトラムへ 
コメントありがとうございます!
プロフィール
120898 H.N.あすか
30代で自閉症スペクトラム(ASD)と診断を受けました。
一般就労で事務や電話応対を長年勤めた後に退職。
就労支援を受けて、障害者雇用で働くことになりました。
一人暮らしもがんばっています。

詳しくは、こちらからご覧ください。
ツイッター
Copyright © 大人の自閉症スペクトラム わたし色の仕事と生活 All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます