あすかです。
以前、発達障害に詳しい就労支援施設に、就職について相談したときのことです。

「オープンかクローズ、どちらで就職しようと思っていますか?」
と相談員の方から質問されて、きょとんとしてしまったことがありました。

話の流れで、発達障害を相手に開示するのか(オープン)、秘密にしておくのか(クローズ)、という意味だということに気づきました。
自閉症スペクトラム(ASD)と診断されたばかりのころは、こんな風に専門用語を聞くたびに、頭にクエスチョンマークが飛び交っていました。

今では、オープンとクローズは、すっかり日常用語。
周りの知り合いや、関連サイトを見ていても、仕事のことに限らず、障害の開示について迷っている方は多いみたいです。

ここでは、就職におけるオープンとクローズの問題について、考えてみたいと思います。

open close


障害者雇用とオープンで働くこと


障害者雇用で働くことだけが、オープンで働くこととは限りません。

一般枠で就職して、障害を開示することもあるから。
ただこの場合は、よほど能力や人柄を見込まれていなければ難しいです。
(はじめに一般枠で就職した後、発達障害の診断を受けて、職場に配慮を求めるというケースもあります)

だから一般的には、オープンで就職することは、障害者雇用制度を利用すると考えた方がいいかもしれません。

さて、障害者枠で就職するメリット・デメリットですが、以前もこのブログで触れた通り、

メリット:配慮・理解・支援を得られる。環境を整えやすい。
デメリット:差別や偏見の目で見られることもある。仕事が簡単で、給与水準が低い傾向にある。

ということが、主に考えられます。
ただ、これって、本当に職場によってまちまちなんですよね……

パーテンションで区切って、静かな場所で事務をさせてもらえるような配慮を得られても、職場の人から不思議な目で見られたら悲しいし。
アスペルガー症候群の人で、障害者枠で就職したにも関わらず、ハイレベルな技術職でしかも給与も高めということもあるし。

人って、メリットよりもデメリットの方を気にする性があります。
(経済用語で損失回避性といいます。利益を得ることよりも、損失することを避けてしまう心理のことです)

だから、デメリットを恐れるのは、すごくすごく自然な心理だと思います。


オープンかクローズか決めるとき


ところで、話を冒頭に戻して……

就労支援施設の相談員の方に、
「オープンで働くのと、クローズで働くの、どのタイミングで決めればいいですか?」
と質問したところ、こんな答えが返ってきました。

「それは、自分が働きたいと思える職場から、採用通知をもらうまででいいと思いますよ。
オープンかクローズかよりも、自分に合っている職場かどうかが問題だから。
一般雇用でも、障害者雇用でも、就職活動を進めていって、決断するのは本当に最後のギリギリのときで、いいんじゃないかな……」

これ聞いて、ちょっと安心しました。
オープンにするか、クローズにするかは、ギリギリまで迷っていいんだって。
最初から決断することじゃなくて、就職活動の過程において考えることなんですね。

140996


それから、いざ自分が就職活動を進めているときに、思ったことがありました。

確かに、差別や偏見の目で見られるのは嫌です。
でも、その前に、自分が発達障害のことを軽んじていないかって……
人って不思議と、自分を嫌っているときは、周りからも嫌われてしまうんですよね。


まとめ


1.オープンで働くか、クローズで働くかは、就職活動の過程において考えること。
自分が働きたいと思える職場から採用通知をもらうまで、ギリギリまで悩んでいていい。

2.オープンで就職するとき、差別や偏見を気にするのは自然なこと。
まずは自分のことを、ありのまま認められるように心がけよう。


これはあくまで私の経験から思ったことなので、誰にも当てはまるとは限りません。
なのでもしよかったら、さらっと参考にしてみてください。

やっぱり、自分で自分の価値や生き方を大事にするのが、一番ですよね(^-^)v

スポンサーリンク