私がまだ発達障害があると知らなかったころ、いざ就職しようと思っても、自分にはどんな仕事が向いているのか、よく分かりませんでした。
おそらく当事者の多くが、自分の適職について迷っているのではないでしょうか。

ここでは、テンプル・グランディンさんとケイト・ダフィーさんの共著「アスペルガー症候群・高機能自閉症のハローワーク」という本を参考にしながら、自閉症スペクトラムの大人の適職について考えてみたいと思います。

テンプル・グランディンさんは、アメリカの動物科学者で、大学で教鞭もとられています。
自閉症を抱えながら、社会的にも成功を収めている、私たち当事者の心強い味方です。


目次
1.適職を3つの思考タイプから考える
2.いくつになっても思考タイプは知っておいた方がいい
3.ASDの大人の適職のまとめ



適職を3つの思考タイプから考える


100319

自閉症またはアスペルガー症候群の人は、短期記憶が苦手。
その一方で、長期記憶が優れていることが多いです。

短期記憶が苦手だと、複数の作業をいっぺんに行うことが難しくなってきます。
マルチタスクな作業が苦手ってことですね。
スーパーのレジ係みたいに、お客さまと会話しながら、お札を受け取ったり、お釣りを渡すといった、とても簡単そうな仕事が、ぎこちなくなってしまうのです。

その代わり、長期記憶に優れているので、多くの知識を長い間覚えているのは得意中の得意です。
なので、この道ひと筋の専門家や、研究者や技術者などに向いていると言われています。

テンプル・グランディンさんは、自閉症スペクトラムの人特有の、この専門化した脳の働きを、大きく3つのタイプに分けています。

(a)視覚型の脳
…絵や映像で考えるのが得意。

(b)音楽・数学型の脳
…音のリズムや数のパターンで考えるのが得意。

(c)言語・翻訳者型の脳
…言葉やリストで考えるのが得意。

あなたは、頭のなかで情報を処理するとき、どんな風に考えるのが得意ですか?
それぞれのタイプの才能を生かせそうな仕事として、以下のようなものあります。


  • (a)視覚型の人に合いそうな仕事

建築、工学製図技術者
写真家
動物の訓練士
グラフィック・アーティスト
工芸の作家
ウェブデザイナー
動物医療技術師
自動車整備士
機械の保守管理技術者
コンピューターのトラブル処理担当者
演劇の照明監督
産業オートメーションのプログラマー
屋外空間のデザイナー
生物学教師


  • (b)音楽・数学型の人に合いそうな仕事

コンピューター・プログラマー
エンジニア
物理学者
音楽家/作曲家
統計家
数学教師
化学者
電気技師
音楽教師
科学研究者


  • (c)言語・翻訳者型の人に合いそうな仕事

ジャーナリスト
翻訳者
司書
証券アナリスト
校正担当者
会計士
予算アナリスト
簿記・記録管理担当者
特別支援教育の教師
図書の索引作成者
言語聴覚士
在庫管理のスペシャリスト


いくつになっても思考タイプは知っておいた方がいい


079738

ところで、テンプルさんが言う適職例を見て思うのですが……

これから初めて就職する人ならともかく、歳を重ねた人がこれらの職業をめざすのは、あまりにもハードルが高いものが多いですよね。

生きがいさえあれば、年齢は飛び越えられる場合もあるかもしれません。

それでも、適職に就くにあたっては
「現実的になることと、お金の取り扱い方も身に付けることも必要」
と、テンプルさんも言っています。
(私もその通りだと思います!)

とはいえ、どの年代の人であっても、自分の思考のタイプを知っておいた方が、就職する上での道標になるのではないかと思います。
この思考タイプを知っていると、仕事をはじめたときに役に立ちます。

たとえば、事務職に就いたとして、資料作成をするとき。
視覚型の人だったら、パワーポイントで図や絵をいっぱい使った資料を作る方が楽だろうし、言語型の人だったら、ワードで文章を打ち込んでいった方が楽かもしれません。

そういった得意なアプローチ方法を試しやすい職場の方が、仕事を続けやすいです。

就職は、ゴールじゃありません。
スタートなんです。


それだったら、自分のタイプを活かせる仕事の方がいいですよね。


ASDの大人の適職のまとめ


長くなったので、このあたりでまとめますね。

~自閉症スペクトラムの大人に向いていそうな仕事例~
  • 優れた長期記憶を活かせるような仕事
(専門家や研究者や技術者など)
  • 自分の思考タイプを活かせるような仕事
(思考タイプは、視覚型、音楽・数学型、言語・翻訳型の3タイプ)

あとはやっぱり、自分が好奇心をもって行える仕事
これが何よりだと思います。

アスペルガー症候群・高機能自閉症の人のハローワーク



スポンサーリンク